仕事の価値を高める会議 オフサイトミーティング

スコラ・コンサルト 対話普及チーム 若山修・刀祢館ひろみ/同文館出版

こんな悩みを持つリーダーにおすすめ

  • 会議がうまく仕切れない
  • もっと実のある会議にしたい
  • 一緒に働く仲間をもっと知りたい

ざっくり目次

発汗に寄せて
はじめに

第1章 オフサイトミーティングとは何か
    1 オフサイトミーティングとは
    2 オフサイトミーティングのコンセプト
    3 オフサイトミーティングの5つの工夫
    4 コーディネーターの役割と4つのスタンス
    5 オンラインでのオフサイトミーティングについて

第2章 オフサイトミーティングを準備する
    1 コーディネーターを決める
    2 ミーティングを設計する
    3 場所を確保し、整える
    4 メンバーを集める

第3章 オフサイトミーティングをやってみよう
    1 『ジブンガタリ』をやってみよう
    2 『モヤモヤガタリ』をやってみよう
    3 『未来を考えるOSM』をやってみよう
    4 『やりたいことを考えるOSM』をやってみよう

第4章 参加者の話を引き出し、深めるコーディネートのやり方
    1 コーディネーターの基本所作
    2 コーディネーターの7つの基本スキル
    3 場の安心をつくる
    4 個々の意見を引き出す
    5 意見をしっかり受け止める

第5章 オフサイトミーティングを振り返ってフォローする
    1 実施後の振り返りミーティング
    2 ミーティングメモ
    3 個別フォロー

第6章 嵐にそなえる
    1 やたらと話が長い人
    2 なんでもネガティブ、後ろ向きな人
    3 とにかくロジカルに批判する人
    4 沈黙ばかりで盛り上がらない
    5 対立激化
    6 上司の理解が得られない

第7章 オフサイトミーティングの実施例

おわりに

内容

オフサイトミーティングとは、外資系企業では一般用語として通じるくらいに当たり前のスタイル。本書は、上記のざっくり目次を見て分かる通り、オフサイトミーティングのハウツー本。

つまり、オフサイトミーティングのコンセプト、準備から運営、その場の進行、ミーティング後のフォロー、さらには問題行動への対処策が網羅されている。

Good Point

オフサイトの場所に限らず、通常の会議でも取り入れられる要素が多々記載してあります。

強いて言うなら、通常の会議にこそ「安心・安全」「オープン&フラット」「メンバー全員役」を実現できたら、風通しの良い風土になるはずです。

第6章には問題行動メンバーに対処する方法が記されており、参考にはなると思います。ただし、実際には目の前に起こったことに誠実に向き合うことで自分なりの方法論を獲得できるものです。

心に残ったフレーズ

234ページ1行目
 組織というものに属している我々の多くは決められたルールや与えられた役割をまっとうするために、自分の本音を抑え、建前に沿って我慢することにも慣れています。しかし、ときとして我慢はストレスにつながることも多いのです。

私が接してきた男性管理職の方々は特に「苦しい」や「助けて」が言えずに我慢したり、そのような自分すら自覚できない人も多かったように思います。それにより本人の心身の健康だけでなく、組織全体のバランスを崩してしまうのを見てきました。

 こうした悪循環に陥ることを避けるには、個人個人が自分のありのままの感情を出し、ときには「苦しい」や「助けて」という本音を分かち合い、それぞれが思いついた「現状を打破するアイデア」を集めること、それらのアイデアを助け合いや協力によって発展させていくことが重要で、その経験が新しい組織運営のスタイルになっていくのが風土改革のゴールのひとつなのです。

Follow me!